支払いたくても支払えない状況

普段ならばお金が支払えない状況というのは少ないと思いますが、そんな状況に陥った者です。

理由としてある日両親が病院のせいで亡くなりその家計を成人していなかった私が支えなければいけなくなったのが原因です。

最初のうちこそ、そこそこの資金やバイトでの貯金でなんとかどうにかなっていましたが次第に生活を切り詰め公共料金等の支払いに困るようになってゆきます。

一人で稼ぐには限界があったのだと思います、バイトをして何とか食繋ぐのが精一杯の状況で支払いが疎かになり始めてそこで初めて支払いに対して優先順位を考えて優先順位の低いものを後に回していき後で収入が入ってから優先順位の低いものを支払うといった具合です。

生活保護などは考えませんでしたし、友人からお金を借りる事もなく過ごす事が出来ましたが期限内での支払いが出来なくても利率は年なのでなんとかなります。

食費を限界まで減らして固定資産税や光熱費などを優先、当然バイトへ行く為の交通費や食費も考えなければいけませんのでギリギリの生活です。

少しでも何かがあれば生活が立ち行かないくらいのバイトの資金で何年かそんな生活を続けて、最後の一年くらいは食べる量なども制限をしていましたがその時に体調を崩したり大病にならなかったのは本当によかったと今でも思っています。

今になって悔やむ事はその当時に年金の支払いが出来なかった事で当時免除できる事を知らなかった無知さが原因で知っていたら手続きだけでもしていたでしょう、後に資金が入っても遡上して支払いは可能ですがそんなまとまった金額がある訳でもなく分割も出来ないほどです。

あの時もう少し情報を発信してくれていれば色々と取れる手があったかもしれませんが今となっては過ぎた事なのでどうしようもないと割り切るしかなく、もっと楽な方法はあったかも知れませんが一人で生活の為に翻弄して苦しんだこの何年間は今では思い出になりましたが、本当に辛く苦しい苦い思い出です。

家を残してくれたのはありがたかったなと最初は思っていたのですが、その家に対して固定資産税という税金学科ってくるということは知りませんでした。

普通に考えれば当たり前のことなんだろうけど、当時の私はそんなこと知る由もありませんでした。

しかも、一軒家の家を建てて3年ぐらいしかたっていませんでしたので、固定資産税も高いのです。

その一軒家の住宅ローンに関しては、団体信用生命保険に加入していたため住宅ローンは無くなっていたのですが、固定資産税は免除されるわけはありません。

ですので、固定資産税を支払わないことによって差し押さえとかになってしまっては困るので、とりあえずローン会社から借りて支払うことにしました。※参考サイト:固定資産税払えない

ローン会社からお金は借りたくなかったけど、この時ばかりは助かりましたね。

住宅ローンを組んで中古住宅を購入。

5年のローンを組んで五年間で支払える中古住宅を購入しました。

一戸建てを選んだのは、生活が不規則ですから、周囲に気兼ねや迷惑をかけることなく、マイペースで自分の生活を過ごしたかったからです。

マンションなどのコンクリート住宅は何となく息苦しいですし、緑に囲まれて毎日を過ごしたいという気持ちから一戸建てがいいと思っていました。

比較的広い庭と六畳もあるベランダが、もっとも気に入りました。

5DKの家は夫婦二人で住むには、十分すぎる空間でした。環境も良く、隣近所も遠く緑は深い環境は、一番気に入っています。

頭金は自分たちで用意して、不足の300万円を銀行から5年ローンで借りました。

その後、何だかんだでリフォームの出費が続きました。

100万円程かかりましたが、それを包めて銀行から借りました。

だだ、シロアリにやられていた箇所があり、そこを20万のお金をかけて白蟻クリーニング代がかかったこと、また、トイレの水が出にくいので設備を変えたのと、壁紙と玄関も変えて50万円位かかりましたが、こちらは現金で支払いました。

月々の支払いは5万3千円位支払い、5年でなんとか支払いきりました。

ちょうど、家賃位でしたので、支払うことができたのだと思います。

結婚当初は、私がすぐに退職をして専業主婦になったということがあったり、貯金もほとんどないままの結婚でしたので、家賃が払えなくて借金をして支払ったこともありました。※家賃払えない

あの当時は節約ということを全くしていなくて、自分たちの好きなような生活をしていましたね。家賃が払えないから借金をしたなんて両親に言えるわけもなく、私たち夫婦の苦い思い出です。

その頃、夫の仕事は順調でしたので、何とか支払えました。

最後の1年くらいは病気がちになりましたかが、気力で頑張りぬきました。夫にとっても、ローンはそれなりに重圧感があったのかもしれません。

家自体は、瓦も落ちることなく台風にも耐えましたし、売主のお父様が大工さんだったとかでも造りは頑丈で、概ね満足しています。

車が入らないのが一番の欠点なのですが、隣は200坪位の土地があり、しかも、常時住んでいないので気楽です。

また、もう片方の隣は空き地で草ぼうぼうですが、私どもは気に入っています。

竹が一杯生えていて、また、紫露草とか宵待ち草とかも生えていて可愛らしいです。車が入らないお陰で森のような環境ですから、小鳥がたくさんできて滞在してくれます。鶯の宿でもあります。

緑が多い分、空気もきれいで、外出から帰ってくるとホッとします。

ただ、車道に車が進入できないことが欠点です。

足腰が弱くなったら、考えなくてはならないと思っています。

そういう時が、もう何年かしたら来るかもしれません。それでも、鶯が鳴くこの環境は、他では絶対体験できなかったと思います。

私はこの家をローンで組んでまで購入したことを後悔していません。

代位弁済

代位弁済とは、債務者以外の者が弁済して、その弁済者に対して求償権を取得する場合の弁済のことを言います。債権者からみれば債務者に代わる者から弁済を受けることとなって、債権者の求償権は弁済者に移るのです。

代位弁済には大きく二つあって、一つは保証人、連帯債務者が弁済した場合で、この場合は弁済によって当然に求償権が移転します。

もう一つは利害関係のない第三者が弁済する場合でこの場合にはその代位について債権者の承諾が必要となります。

普通ビン校などの金融機関から住宅ローンの借入をする時には、保証会社との間に「保証委託契約」を締結することが多くて、住宅ローンを組んだ本人が返済ができない状態になった場合、保証会社が本人に代わって金融機関に返済することになるのです。

このことを代位弁済といいます。

住宅ローンの代位弁済の場合は、住宅ローンの債権者が金融機関から保証会社に変わって、以後は保証会社との支払いの交渉をすることになるのです。この時点で債務者は期限の利益を失っているので保証会社より残金の一括返済を求められることになります。代位弁済になる期間は金融機関により様々だけど、住宅ローンを延滞して約三カ月~六カ月で代位弁済が行われることになっています。

代位弁済後、滞納分を全額返済しても従来の分割払いに戻すことは難しいと思います。

そうならないためにも住宅ローンの返済は滞りなく行わなくてはならないのです。

どうしても引き落とし日にお金を用意することができないっていう場合、金融会社からお金を借りてでも支払ったほうがいいですね。

こういったところで借り入れができますよ。

参照:http://xn--o9jo3fi7251b6ub.com/

保証人なしでの借り入れのできる金融業者もありますが・・・・

お金を借りるときや住宅ローンを組む時など、両親に保証人をお願いしたりってないですよね??

じゃぁ、だれが保証人になっているんだろうって疑問。

それは、保証会社という会社に保証人になってもらっていんです。保証会社とは、銀行の子会社であることが多いですね。この銀行の子会社が保証人になっているんです。

 

 

 

専業主婦がお金に困るときって?

【お小遣いのない専業主婦】

結婚し、主婦になったら当然、主人の稼ぎをまずは渡してもらい、そのやりくりを全て任されるのが普通だと思っていました。

でも、結婚してから一向にお金を渡してもらえずにいて困りました。悪気はなかったようですが主人の話を聞いていると、主婦はそんなにお金を必要ではないと、思っているようです。

その頃は、妊娠中であまり外にも出られないから、一緒に出かけるときのお金は買い物も含め出してくれているので、それで全てをまかなっているというように思っていたみたいです。

私もあまりお金の話をするのは、がめついようでいやだったのですが、とりあえず月に決まったお金を渡してもらえないときつい、とやっとのことで話して、お金を渡してもらうようになりました。

それでも、私が渡されるのは毎日の食費の分と、少しの日用品の分を合わせたギリギリの金額です。どう考えても、たまに私がイライラしてると、どこかでお茶とか、好きな本でも買ってきて読んでリラックスしな、と言う主人ですが、そのお金が出せるわけもありません。

もちろん、いざという時のために独身時代の貯金は崩さないでいますが、それを崩してまでリラックスタイムをとるのは余計なイライラを生み出す気がします。

独身時代より、自由なお金が減るのはお互いさまではあるけど、少しはあるだろうと思っていたのは甘かったです。

電気代や、ガス代を支払うのは主人なので、そこで節約を頑張っても、まるで私の持つお金には変わりはないし、食費を節約しようとすれば、食べるのが大好きな主人、しかも妊娠、子育てでフラフラで、栄養も大事だし、とあまり節約もできずにいます。

やっと、現在は子供も幼稚園に行くようになりましたが、そうすると、幼稚園からの写真代金や、給食費などの集金も増えました。食費節約しても、その分は新たな出費に消えるのです。

我が家は決して、収入が少ないわけではないので、私だけがあくせくしている感じがして、このままの状態でいつまで行くのか、と不安で悩んでいます。

 
【親戚がお金を借りに来る】

2歳の娘がいる専業主婦です。

現在、旦那はフルタイムで働いています。今現在は給料もわりと良く収入の半分以上を貯金することができています。

ですが、不安なのはこの先です。今現在は良いのですが、旦那はつい最近まで無職でした。ちょこちょこと個人的に仕事をしていたので全くの収入なしではなかったのですがたまに生活費と家のローンをカバーできないときがありました。

そんなときは貯金をくずして生活していました。この経験からかなり収入がある今でも、何かを余分に購入しようという気にはなれません。

仕事が見つかれば、収入はいいですが、旦那には同じ仕事を長く続けられないといった飽きっぽい部分もあるので心配です。

もちろん、突然何の相談もなく会社を辞めるなんてことはないのですが、心配です。

今現在は娘も小さく、貯金をできるだけ貯めるチャンスです。ですが、たまに旦那がつぶやく仕事を辞めようかなぁ、といった一言にはひやひやさせられます。

旦那はもともとケチに限りなく近い金銭感覚をしているので浪費をするということはありません。ですが、旦那の忍耐力のなさからせっかく貯めた貯金もまたなくなってしまうのではないか、と不安です。

その他には、正直すぎて損をする旦那の性格も心配です。旦那は自分に貯金があるということを隠さないので、親戚がたびたびお金を借りようとすることがあります。

そこで貯金がないといってしまえば終わる話なのですが、ないとは嘘をつけない。そんな旦那にイライラすることもあります。

親戚は借りたお金を返すつもりで貸して、といっているのではなくお金をもらう口実としてお金を貸してと言っているのです。

貸したお金が返ってこないという事が何度もあったにもかかわらず懲りずにお金がないからお金を貸せない、という旦那。

最近はのらりくらりと親戚のお金貸して攻撃をかわしていますが、旦那のこういった部分も心配です。

本当に何とかして貯金を私名義に全て変えられないものかと思うこともあります。

この親戚がホントに厄介なんです。キャッシングとかを利用してお金を借りたらいいのに、利息を支払わなくていいと思っているのか、うちにお金を借りに来るぐらいですからね。

「キャッシングも今は金利低いんですよー♪」なんてこの親戚に言ってやりたいんですが、なかなかいうことができません。私も独身時代にキャッシングでお金を借りていたので、キャッシングのことは結構詳しかったりするのです。

今は専業主婦ですが、専業主婦でも借りれる所もあるのは知っています。詳しくは専門のサイトを見てみてください。

専業主婦のキャッシング専門ページはこちら

 
【キャッシングの借り方】

最近テレビ広告で御存知の新生銀行のサービスであるレイクを申し込む場合、パソコンは当然のこと、スマホからであってもお店には一回も訪れずに、早ければ申込を行ったその日に振り込みが完了する即日キャッシングも適います。

何種類かあるうちのどの関係の会社においてハンドリングしている、どんな特徴のあるカードローンなのか、といった点についても注意が必要です。きちんと使い勝手をきちんと理解していただいたうえで、あなたにピッタリのカードローンがどれか失敗しないように確実に選ぶことが大切なことなのです。

融資に必要な「審査」という言葉が持っているイメージの影響ですごく大掛かりに考えてしまうというのもやむを得ないのですが、ほとんどは決められた項目のチェックを行うなど、最初から最後までキャッシング業者側が処理してくれます。

必要に応じて金融機関運営のウェブサイトに集約されたデータを、活用すれば、とてもありがたい即日融資で対応できる消費者金融業者はどこかを、どこにいてもじっくりと調べて、決めていただくことも、もちろん可能です。

近頃はありがたいことに、何社ものキャッシング会社で広告的な意味も含めて、利息0円の無利息期間サービスを展開しています。ですからキャッシング期間によっては、出来れば払いたくない利子を完全に収めなくて構わないということですね。
簡単に言うと無利息とは、お金を借りたとしても、全く金利がかからない状態のことです。名前が無利息キャッシングでも、あたりまえですがずっとサービスの無利息の状態で、融資を受けさせてもらえるなんてことが起きるわけではないわけです。

金利の面ではカードローンを使った時の利息よりは少々高くたって、わずかな金額で、すぐに返すのなら、審査がけっこう簡単なのでいらいらすることもなく融資してもらえるキャッシングで貸してもらうほうがきっと助かると思いますよ。

近年は、キャッシング会社のホームページなどで、パソコンなどの画面で簡単な設問の入力を終わらせて送信するだけで、融資できる金額や返済プランを、計算してわかりやすく説明してくれるサービスをやっているキャッシングの会社も見受けられ、申込の手続きっていうのは、とてもシンプルですぐにできるので挑戦してみませんか?

カードローンを取り扱っている会社のやり方によって、全く違う部分もあったとしても、どこでもカードローンの取り扱いがある会社は決められたとおりの審査条件にしたがって、ご希望に合った融資をその申込んだ人に、即日融資で対応することが可能なのか違うのか決めるという流れなのです。

申込まれたカードローンの審査を行うときに、「在籍確認」と名付けられたチェックが行われています。この確認はカードローンの融資を希望している人が、先に提出済みの申込書に記入した勤め先の会社などで、間違いなく働いている方なのかどうかを調査しているものになります。
前触れのないことで残高不足!こんなとき、頼もしい即日キャッシングで思い浮かぶのは、たくさんの業者の中でも平日14時までのネット上の契約で、申込をした当日の入金となる即日キャッシングでの対応もご相談いただける、プロミスということになります。

多様なカードローンの会社には、信販系の会社(クレジットカード会社)、審査が早くて人気のアコムとかプロミスなど消費者金融系の会社などいろいろな種類があるのは知っていますか。銀行関連の会社というのは、審査の時間を要し、残念ながら即日融資は、実現不可能なときもあるわけです。

たくさんあるキャッシング会社の審査をパスできるかどうかの条件は、キャッシング会社別で違ってくるものです。大手銀行グループ系のものは審査が厳格で、次が信販系の会社とか流通系、消費者金融会社の並びで厳しい基準ではなくなるのです。

もちろん金利が低かったり無利息期間があるなどの点は、どこのカードローンで融資を申し込むのかを決めるときに、とても大切な項目の一つですが、それ以上に安心して、カードローンでの融資を受ける気があるなら、やはり大手銀行グループ内のキャッシングローン会社の利用を最優先にしてください。

もしも借りるなら、可能な限り少額に抑えて、可能な限り直ぐに完全に返し終えることが非常に重要です。便利なものですがカードローンでお金を借りているわけですから、「返せなくなった…」なんてことがないよう無理しないように使うものです。

結婚式は親孝行のひとつ

私は結婚式をすることは賛成です。去年の秋に結婚式をしましたが、本当に式を挙げることができてよかったなと結婚式が終わってからそう思うことが増えました。
最初はお金もかかるし、結婚式をしたって呼ぶ友達も少ないし、入籍だけで済ませようと思っていました。ところが、強引な母に「結婚式をしろ」と言われたので逆らえなくて、しぶしぶするような形で式場を探したりの準備にとりかかりました。

実際に結婚式の準備はなかなか大変でした。式場を決めるのにも2ヶ月くらいかかり、休みの日は返上で主人と遠くのブラウダルフェアまでわざわざ足を運びました。ただ、フェアに行っても別に魅力的に思えるようなところはなく、全て一緒に見えました。雑誌などを見てもチャペルやホテルばかりでありきたりな結婚式だなとしか思えませんでした。
それでもお金はどこも高く、250万くらいするのが平均的で驚きました。しかもだいたい演出してあるものはオプションをたくさんつけているので、実際はオプションをつけないと、かなりしょぼい結婚式になることがわかったのでだまされた気分にもなりました。

式場がきまるともうまだ見ぬ結婚式の予定を立てることが辛かったです。想像もできないことと、金銭感覚もわからないし、主人と揉めることも多々ありました。やはり休みの日にしかできないので結婚式の準備までの半年は休みがありませんでした。
なんとかよくわからないまま準備をし終えて、結婚式に望んだときは、その大変だったと思うこともすべて吹き飛びました。

結婚式を挙げたからこその、終わったあとの疲れと余韻がとても心地いいものでした。
準備は本当に大変です。ですが、なんとなくでも大丈夫です。プランナーさんがなんとかしてくれます。
終わってからこそ思うのが結婚式は親孝行のひとつだと思いました。式の最中にきっといろいろなことを思っていてくれて、そして幸せを願ってくれて、そして涙を流してくれて。
一生に一回くらい主役でいるのもとても緊張しますが、お金がないから結婚式はしないなどと思っている人がいたら、私は絶対に違うと言い切れます。
お金がないからで幸せの入り口を閉ざさないでほしいです。
結婚式は、両親のために、自分のために、必要なものだと私は思っています。